プロフィール

久松祥三プロフィール:
高校時代よりマンドリンを始める。成城大学文芸学部芸術学科卒業(音楽史専攻)。卒業論文 「マンドリンオーケストラの発達と現状」。聖グレゴリオの家附属宗教音楽研究所教会音楽科修了。

1992年7月 ポールメディア(現サンパウロAVC)よりCD「18世紀マンドリンとオルガン(通奏低音)の為のソナタ集」リリース
1995年5月 サンパウロよりCD「古典派のマンドリン作品集」リリース

2005年10月 バッハ作曲カンタータ140番より1、4、7のコラールを指揮(共演:日本聖公会東京教区聖歌隊)
2006年11月 アマデイマンドラアンサンブル&合唱団の演奏会でフォーレ作曲レクイエム他を指揮
2007年5月 典礼聖歌CD「四季の賛歌〜典礼暦に基づく神への賛美」リリース(指揮)
2007年11月 アマデイマンドリンアンサンブル&ラウダーテ・ドミヌム合唱団の演奏会でペルゴレージ作曲スターバト・マーテルを指揮
2009年10月 カトリック聖歌CD「こころをあげよ」リリース(指揮)

現在
ヨー クカルチャーセンター八柱店、草加カルチャーセンター、春日部カルチャーセンター、鎌ヶ谷カルチャーセンター、八千代村上カル チャーセンター各講師。
栃木県立栃木女子高等学校ギター・マンドリン部学外講師。
早稲田大学マンドリン楽部コーチ。
アマデイマンドリンアンサンブルおよび ラウダーテ・ドミヌム合唱団主宰。